牧会スタッフの紹介

クリス・モモセ(主任牧師)

 

アメリカ・ペンシルバニア州出身。

父親は日系2世。高校3年生でクリスチャンになった数年後から、日本で宣教師となることを神からの召しとして感じ始める。

1983年、大阪YMCAの常勤英語講師となる。どの教会で奉仕するかは神が導いてくださると確信し、自活宣教師として来日。

日本語の習得に励みつつ、神の導きを待っていた頃、父親の知り合いの紹介でICM創設者のジム・ブロックソム牧師から電話を受けたことをきっかけにICMの働きに加わる。

以来ICMの牧師として説教やカウンセリングを行う。現在は、主任牧師として、福音を伝え、聖書研究会のリーダーをし、カウンセリングを行っている。また、ICM出版の働きにも力を注いできた。

 

魚釣り(特にバス釣り)のほか、テニス、バレーボール、卓球など、スポーツ大好き人間。ナンシー夫人との間に4人の子どもがいる。現在、京田辺市在住。

【著書】

・「プロテスタントとカトリックの団結ですか?」(日英二ヵ国語)

・「The Miracle Visas(奇跡のビザ)」 ―― 杉原 千畝の伝記小説の英訳

・「Eternal Blessings(千代に至る祝福 滝元 明著)」

――偶像問題とクリスチャンの実際的立場が書かれた本の英訳

 

グレッグ・ハットン

Senior staff member and his wife

アメリカ・コロラド州出身。

1984年、来日。ICMに奉仕し、創始者 ジム・ブロックソムの長女ベッキーと結婚する。

牧師として福音を伝えながら、聖書研究会のリーダー、カウンセラーとして奉仕している。

ICMでの働きのかたわら、奈良大学や京都インターナショナルユニバーシティ(KIU)で教鞭をとっている。

ベッキー夫人との間に4人の子どもがいる。現在、京都チャペルに在住。

 

 

 

 

ジェームズ(ジム)・ブロックソム-ICM創始者・名誉-

アメリカ・オハイオ州出身。

1954 年、東京の米軍極東司令本部に医療士官として在任中、「本当の意味で」クリスチャンとなる。アメリカに帰国後、視力測定士としてのキャリアを捨て、神の導 きにより日本で開拓伝道をするために準備を始める。この頃、同じように宣教師をめざすバーバラと結婚。トリニティー神学校を卒業。

1962年、バーバラ夫人と長女を連れて再来日。それ以来、開拓伝道者・牧師として主に仕える。

1981 年、明確な主の導きを受け、20年間所属していた団体を離れ、インターナショナル・チャペル・ミニストリーズ(ICM)を設立。一般信徒でも宣教や開拓伝 道の働きができるよう訓練し、伝道のために必要な印刷物を制作してきた。現在は、ICM主任牧師を引退し、名誉牧師として牧会を助ける。日本人への深い愛 と、ビジョンを実現していくバイタリティーでICMに奉仕する姿は、常にゆるぎがない。

バーバラ夫人との間に7人の子どもがいる。現在、京田辺市在住。

【主な著書】

二ヵ国語の聖書学習書

・「豊かないのちの学び」(クリスチャンでない方向け)

・「ニューライフ・スタディー」(新しくクリスチャンになった方向け)

その他、数多くの日本人向け小冊子を作成